2021年、令和3年、丑年がはじまりました。

8日は雪のため自由登園でしたが、12日に始園式と元岡幼稚園の3学期はスタートしました。

登園してきた園児達の明るい笑顔を見て、今年も大きな成長が期待できるのではないかと思いました。

まだ、コロナウイルス感染症が収まりませんが、幼稚園はできるだけ行事や幼稚園での活動ができるように毎日の手指の消毒、手洗い、登降園時のマスクの着用、朝の検温、定期的な空気の入れ換え等をしっかりしていきたいと思います。

保護者の皆様、本年もご支援、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

家庭教育のすすめ ~「福岡県 子育ての主役は家庭です!」より~

福岡県人づくり・県民生活部より、昨年終わりに「福岡県家庭教育のすすめ」が送付されてきました。「保護者の方に働きかけてください」との依頼がありましたので、お知らせいたします。

  1. 乳幼児期は、スキンシップや語りかけをしっかり行いましょう。
  2. 睡眠の重要性を親子で共有し、早寝・早起き・朝ごはんの習慣をきちんと身に付けさせましょう。
  3. 子どもに向き合い、しっかりと話を聴きましょう。
  4. 子どもがもっている良さや伸びを見つけ、積極的にほめましょう。
  5. 叱るべき時に本気で叱り、良いこと、悪いことをしっかり教えましょう。
  6. お手伝いをする機会をつくりましょう。
  7. 子どもが欲しがるままに、物を与えないようにしましょう。
  8. パソコンやスマートフォンでのインターネットの使用に関して、家庭でルールをつくりましょう。
  9. 仲間と外でしっかり遊ばせましょう。
  10. 親は、子どものよき手本となりましょう。
  11. 家庭の役割を再認識し、親子のふれあいや絆を大切にしましょう。

「子どもの育て方に答えはない。一人ひとり違う。」といわれますが、上に書かれていることは子育ての基本となることだと思います。

ほめることも、叱ることも書いてあります。つまり、バランスよく、極端にならず、穏やかに子どもが安心するように関わっていくことが大切だと思います。幼稚園でも上記のことを踏まえて、子どもの保育にあたりたいと思います。ご家庭と幼稚園が車の両輪のようになってお子様を中心に据えて育てることが健やかな育ちにつながると考えています。
詳しくは県のホームページに掲載されていますので、ご覧ください。

お休みが終わってクリスマス、お正月と楽しい行事が終わり、幼稚園が始まりました。
園児の中には、なかなか朝起きることができない子、起きてもすぐに着替えができない子もいるかもしれません。
長い休みの後は、調子がでないものです。できるだけ早くもとの調子に戻すために、「規則正しい」生活にすることです。
そのために「早寝、早起き、朝ご飯」ということがいわれています。
それを繰り返し行っていけば、少しずつ生活のリズムを取り戻すことができます。ちょっと夜更かしをしているお子さんには、ぜひ「早寝、早起き、朝ご飯」を行ってほしいと思います。

幼稚園でも時間を守ることなどを行い、子ども達の様子を見ながら生活のリズムを整えるように気を付けていきたいと思います。