七夕かざり考

PA01BC018_七夕6月末から園児達は七夕のかざりを折り紙でつくったり、お願い事を短冊に書いたりします。
7月になると学年毎にそれらを竹の枝に付け、園庭側柱に立てます。
今から千三百年前の奈良時代には中国文化の影響を受けて、五色の糸をお星様にお供えする習慣があったと聞いたことがあります。その後平安時代初期、和歌や書道の発達に伴い、短冊に願い事を書くことも増えてきたようです。
但し、七夕飾りが広く一般に普及してきたのは、江戸時代になってからのことです。代表的な飾りには、次のようななものがありました。

  • 紙ころも・・・裁縫の腕があがりますように
  • 巾着・・・お金がたまりますよう
  • 投げ網・・・豊漁になりますように
  • くずかご・・・整理整頓、物を粗末にしないように
  • 千羽鶴・・・家族が長生きしますように     etc

願いは今も昔も、そう変わりはないように思います。
ただ、これからの子どもを育てていく上で、親が願いや夢に対してどのような応対をすれば、心や力を引き出せるのか、そのヒントになりそうなことを、述べさせていただきます。

例えば、「ケーキ屋さんになりたいの。短冊にかいていい?」とお子様が尋ねたとします。どのようなお返事をされますか。
①お母さんにも、美味しいケーキをつくってね。
②すごいね!なりたいものを考えることできたんだ。うれしい
③ケーキ屋さんになるためにどんな力がいるのか考えよう。分かるかな?
混ぜる力が大切だから、混ぜる遊びを考えようとか、粉の正確な計量が必要なことから、量りごっこに導くとか意欲喚起の対話がはずむよう考えていくと良いでしょう。
夢を持つ子ども、夢に向かって突き進む子ども、そのような子どもに育つために、第一は受容、第二は賞賛、そして、第三番目に夢の実現のために必要なことやステップを考えさせる親の知恵が必要だと考えます。大目標具現化のための中目標や小目標設定は、社会人に今もっとも必要とされる課題解決力に直結するものであるととらえています。
・8月20日(木)
夏期保育(プール遊び)
年長芋畑草取りも
★預かり保育有り
・8月21日(水)
夏期保育(誕生会)
誕生会に中村学園大学生が出演(歌や踊り)
★預かり保育有り
・8月22日(土)
年長 音楽会鑑賞(九州大学講堂)

夏期休業中の預かり保育について

★実施時間と料金
9時~14時(500円)
9時~17時30分(800円)
11時~17時30分(600円)

※8月の月極め預かりは1万円(弟妹児6千円)

★預かりの休みは、土・日以外に7月17日とお盆休み

※申し込み用紙は、後日配付

 

園 長井上 健一